2019-2020シーズンから始まるフランチャイズ制の新リーグ「Call of Duty League」には世界中から12チームが参加します。アメリカからは9チームが参加。アトランタ、シカゴ、ダラス、フロリダ、ロサンゼルスからは2チーム、ミネソタ、ニューヨーク、シアトルです。カナダからはトロント、ヨーロッパからはパリとロンドンが参加します。ワールドワイドとはいえ、基本的にはアメリカばかりです(笑い)。

現在、各チームがさまざまなクリエーティブを作って、広報合戦が繰り広げられ、これまで同じチームで戦ってきた選手たちが敵チームになったりと新たなドラマを感じる構成になっています。今回は日本からはチームの参加がありませんが、個人的には将来、このリーグに参加できるようになればいいなあ。

(EVA、プロチームマネジャー、月~金曜連載)