日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。

パチンココラム

ウエノミツアキ「パチ&スロの快打指南」

ウエノミツアキ「パチ&スロの快打指南」

快楽探求&人間観察を主とするジャンル不問のフリーダムライター。趣味はパチンコ&パチスロ。1971年2月15日生。栃木県足利市出身。早稲田大学理工学部機械工学科中退。パチ&スロ雑誌にて連載記事をそこそこ持つ。Twitterアカウント「@uenomitsuaki」。ブログ「ameblo.jp/uenomitsuaki」。

癒やしの「ぷるぷるプラネット」

[2016年9月27日19時40分]

  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 どうも、今回はパチスロ「スーパープラネットデラックス」について、お話しします。

 みなさんは負けが込んできたとき、どのような行動を取りますか?

 自分は基本的に閉店までの残り時間から逆算して、最後の最後まで逆転を狙いにいく質なのですが、それもいよいよ不可能となったときには、たそがれて癒やしてくれるマシンにおカネを入れ始めます。

 えぇ、わかります。聞こえてきます。みなさんの「もう、帰れよ!」という声が。

 でも、帰る前にいったん、癒やされたいんです。そこまでいっていると、心がズタボロになってますからね。

 そこで、どのようなマシンを打つのかと言いますと、「たそがれのJ」や「癒やしのJ」などと呼ぶ人もいますが、「ジャグラー」を打つこともありました。とりあえず当てたい、GOGOランプを光らせたいというのがその理由なんですが、光るだけでは癒やしとしての効果はさほど高くありません。

 そんなときにオススメなのが、「スーパープラネットデラックス」なんです。

 完全告知機能を搭載したこのマシンでは、レバーオンやストップボタン、MAXBET押下などのタイミングでリール左にある小窓に惑星を模したミニキャラクターが登場し、光ります。

 小窓の下からピュッと飛び上がり、宙に浮いた状態でプルプルと震えながら、光ります。その様は、実に…。 いとおしい。そして、癒やされる。

 小動物を見ているだけで癒やされるといったのと同じ感覚を与えてくれるキャラ、「ぷるぷるプラネット」。ボーナス消化中もプルプルと震えているのですが、震える速度の変化するタイミングがあります。それはメダル払い出しのとき。

 子役がそろってメダルが吐き出されている間、プルプルの速度がややゆっくりになるのが基本です。この動きの変化が小動物感覚をさらに高めてくれるのですが、注目すべきは4号機以前のAタイプにあったJAC INを模した形でBGMが変化したとき。そこでの払い出しでは逆にプルプルの速度が高速になるんですよ。そのけいれんしているような様が、これまた実に……。

 愛くるしい。両手ですくって、手のひらに乗せてしまいたくなるほど、いとおしい。狂おしいほど、いとおしいんです!

 みなさんも是非一度、7ぞろいのスーパーボーナスをそろえて確認してみてください。

 きっと「ぷるぷるプラネット」を飼いたくなりますよ!!

  • TL

ウエノミツアキ「パチ&スロの快打指南」の最新記事

Ads by GooglePR

パチンコ・パチスロ最新ニュース

ニューギンがニコ超会議でイベント開催

「CR大海物語4 BLACK」お披露目

「ぱちんこCR北斗の拳7 百裂乱舞」発表

ニューギン「CRシュタインズ・ゲート」発表

パチンコランキング

記事

もっと見る 閉じる
ページTOPへ