高校野球界では今、プロ野球に劣らないレベルでのデータ分析や測定が行われている。機器を使って練習やプレーを数値化。細かな筋肉量の測定を行い、個人に合ったトレーニング方法を組み立てる。「頑張る」という気持ちや「すごい」という感覚だけではない指導。SNSを使って自ら発信をする学校も多く、部員の勧誘にもつながっている。進化を続ける高校野球の現場を追った。

ラプソードが設置された立花学園のブルペンで投げる選手(撮影・保坂恭子)
ラプソードが設置された立花学園のブルペンで投げる選手(撮影・保坂恭子)

立花学園(神奈川)の山と緑に囲まれたグラウンド。一塁側にあるブルペンには、球の回転数や変化量、弾道を測るトラッキングシステム「ラプソード」が設置してある。選手は1球投げるごとにマウンド横の机に置かれたiPadを見つめる。新チームからは、分析を専門に行い、試合につなげるデータ担当も新たに置き、さらに効率化を図っている。

後輩にアドバイスを送る小林爾(みつる)投手(3年)は、昨オフにカットボールを習得した。「直球と変化球の軌道が一緒に見られるので、どこから曲がっているかイメージしやすかった」という。

システムには選手個人名が登録されており、球種を選択してから投げることでデータが蓄積される。球速、縦と横の変化量、軌道、リリースポイントの高さなどが瞬時に出る。上薮慎一郎投手(3年)は「捕手の『ナイスボール』という声が、数字に表れることで納得できた」と振り返った。

ブルペンで選手に声をかけるのは、明大農学部出身の理科教諭である志賀正啓監督(34)だ。19年からラプソードを取り入れ、以降メディアに取り上げられる機会も増えた。「数字はうそをつかないですし、フィードバックが早く選手の自己修正能力も高まる。私が『やれ』と言わなくても、モチベーションが上がっていきます」。

ブルペンで選手と一緒にラプソードの数値を確認する立花学園の志賀監督(左)(撮影・保坂恭子)
ブルペンで選手と一緒にラプソードの数値を確認する立花学園の志賀監督(左)(撮影・保坂恭子)

特に活用するのは、対外試合のない冬の期間。プロ志望届を提出した永島田輝斗(きらと)投手(3年)は、最速150キロをマークしたことで注目された。本人が意識していたのは、球速だけでなく、回転軸だった。直球がジャイロ回転する課題があり、ラプソードを使ってフォームを試したことで、プレートを踏む軸足が少しずれている原因が明らかになった。キャッチボールから意識して修正することで、きれいな回転に戻った。「引退してからも課題を意識して練習しています。高校では投手陣みんなで濃い時間を過ごして、成長できたと思う」。回転数も当初の1900から、プロ野球選手と同レベルの2300に増えたという。

身長も体重もバラバラな選手が集まる高校の野球部。1人1人に合わせた練習を行うのは、当たり前のことだと言えそうだ。【保坂恭子】(つづく)