コンテンツエリア



メインコンテンツ

紙面連載

大阪本社版紙面で「喜怒哀楽の歩み 猛虎の80年」

猛虎の80年バナー

 大阪本社版で12月1日から「喜怒哀楽の歩み 猛虎の80年」と題する新連載がスタートしました。 大阪本社版で12月1日から「喜怒哀楽の歩み 猛虎の80年」と題する新連載がスタートしました。
 阪神タイガースの歴史は日本球界の歴史であり、ファンにとっては喜怒哀楽の長い歩みです。1935年(昭10)12月10日の球団創設から2015年で80年。2万9000日あまりの月日の中で、極上の歓喜に浸った1日が、1985年(昭60)11月2日でした。
 球団史上ただ1度「日本一」の戴冠を許されたその1日から、悲喜こもごものドラマをつむいでいます。お楽しみに。

 新聞の定期購読のお申し込み及びバックナンバーのお問い合わせは、下記の「新聞購読、バックナンバーの申し込み」を、有料サイト「ニッカンプロ野球」やauスマートパス「ニッカン野球プレミアム」で閲覧される方は「スマホ版有料サイトで見たい方」を参照してください。

最新の掲載情報

トップページ - ニッカンプロ野球
  • 上へ戻る

ニッカンプロ野球

注目コーナー

スコア速報

新着ニュース

中日小笠原5回粘投2失点 課題の“一発病”クリア

中日先発小笠原(撮影・清水貴仁)

<中日-阪神>◇20日◇ナゴヤドーム  中日小笠原慎之介投手(19)が2週間ぶりの1軍登板で、5四球を与えながらも5回を2失点と粘投した。  初回、先頭俊...

関連するニュースを読む

閉じる

日本ハム太田、内野安打で3打点目「死に物狂いで」

5回裏日本ハム2死満塁、太田は適時打を放つ(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム9-3西武>◇20日◇札幌ドーム  日本ハムの3年目、太田賢吾内野手(20)がプロ3打点目を挙げた。  3点リードの5回2死満塁で、しぶとく二塁...

関連するニュースを読む

閉じる

日本ハム上原「最後は気合」指から流血も5回無失点

5回表、上原(左)の左手人差し指からの出血を見つめる中田(撮影・黒川智章)

<日本ハム9-3西武>◇20日◇札幌ドーム  日本ハム上原健太投手(23)が流血のアクシデントもあったが、プロ初勝利の権利を得て降板した。  利き腕である...

関連するニュースを読む

閉じる

日本ハム大谷が2打席連続の適時打「感じ良かった」

5回裏日本ハム無死一、二塁、大谷は適時打を放つ(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム9-3西武>◇20日◇札幌ドーム  日本ハム大谷翔平投手(23)が、2打席連続で貴重な追加点を挙げた。  1点リードの3回1死一、三塁、西武先発...

関連するニュースを読む

閉じる

日本ハム大谷、3回に6戦連続安打となる適時打

3回裏日本ハム1死一、三塁、大谷は適時打を放つ(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム9-3西武>◇20日◇札幌ドーム  日本ハム大谷翔平投手(23)が、貴重な追加点を挙げた。  1点リードの3回1死一、三塁の好機。西武先発ファイ...

関連するニュースを読む

閉じる

球団別情報

コラム

評論家コラム

日本ハム、上沢好調も被弾後打席に反省材料/建山義紀

<日本ハム0-3西武>◇19日◇札幌ドーム  日本ハムは打線が西武多和田に完敗だったが、先発上沢は全体的にはナイスピッチングだった。好調な西武打線に対して、11...

閉じる

番記者コラム・阪神

藤浪、再び2軍で出直し 福原コーチと二人三脚

17日、2軍に合流し掛布2軍監督に声をかけてもらい一礼する藤浪

 16日の広島戦。阪神藤浪晋太郎投手(23)の復活登板を見ようと、3万5000人を超える大観衆が京セラドーム大阪に詰めかけた。だが期待とは裏腹、7四死球4失点で...

閉じる

評論家コラム

広島、見事な中村祐の投球 見事な交代判断/広瀬叔功

<広島1-0ヤクルト>◇18日◇マツダスタジアム  中村祐の投球は見事だった。キレのある速球、スライダー。捕手磯村との相性も良く、コンビネーションも光った。何よ...

閉じる

番記者コラム・楽天

田中がおいにトミカ贈り幼年時代のノスタルジア浸る

楽天田中和基

 子どものころ、どんなものに興味を持っていたか? 楽天の大卒ルーキー田中和基外野手(23)と、そんな話になった。  田中 僕は、ほとんどテレビを観なかったですね...

閉じる

評論家コラム

日本ハム堀、2発目は配球で回避できた/建山義紀

<日本ハム8-7ロッテ>◇17日◇札幌ドーム  日本ハムのルーキー堀は、登板3試合目で初めての失点となった。本塁打2本を浴びほめられる内容ではないが、良い投手と...

閉じる

高校野球ニュース

史上初!代打満塁本塁打/20日甲子園日記

三本松に勝利し笑顔でアルプスに駆け出す東海大菅生ナイン(撮影・伊藤航)

<全国高校野球選手権>◇20日◇甲子園  ニッカンスポーツ・コムでは甲子園日記と題し、球児の熱い夏、感動の場面を写真で振り返る。 12日目 3試合連続の...

関連するニュースを読む

閉じる

天理・山口が大会61&62号、過去最多06年超え

1回表天理2死、二者連続となる左越え本塁打を放つ山口乃義(撮影・伊藤航)

<全国高校野球選手権:天理-明豊>◇20日◇準々決勝  今大会の総本塁打数が過去最多を更新した。1回、 山口乃義内野手(3年)が左越えソロを放った。この1...

関連するニュースを読む

閉じる

三本松の早実、二松学舎大付に続く東京撃破ならず

三本松対東海大菅生 1回裏東海大菅生1死一塁、佐藤は小玉に中越え2点本塁打を被弾(撮影・加藤哉)

<全国高校野球選手権:東海大菅生9-1三本松>◇20日◇準々決勝  ベスト8に唯一残っていた公立校の三本松(香川)が敗れた。  初回に3点を奪われると7回...

関連するニュースを読む

閉じる

広陵が10年ぶり4強、中村の4試合連発はならず

広陵対仙台育英 1回表広陵1死一塁、中村奨成は中越え二塁打を放つ(撮影・宮崎幸一)

<全国高校野球選手権:広陵10-4仙台育英>◇20日◇準々決勝  広陵は序盤、中村の2安打が起点となる6点で主導権を握ると4試合連続の2桁安打の15安打1...

関連するニュースを読む

閉じる

明豊9回猛攻6得点及ばずも三村主将「楽しかった」

天理に敗れ甲子園の砂を集める左から橋詰開斗、三好泰成、伊藤匠ら明豊ナイン(撮影・伊藤航)

<全国高校野球選手権:天理13-9明豊>◇20日◇準々決勝  明豊(大分)が、自慢の猛打と粘りで最終回に猛烈な攻撃を見せて、甲子園を去った。  初回に6失...

関連するニュースを読む

閉じる

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。





野球

2017夏の甲子園 全ホームラン/写真特集3
2017夏の甲子園 全ホームラン/写真特集3 [記事へ]





右カラム