西日本短大付(福岡)と興南(沖縄)が決勝に進んだ。西日本短大付は65季ぶり2度目、興南は18季ぶり3度目の優勝を目指す。

西日本短大付は選抜大会に出場した熊本西を6-4で破った。1回に2本塁打が出て一挙6得点。5回までに2点差に迫られたが、2番手の江崎が5回途中から無失点の好投で逃げ切った。

興南は7-5で選抜出場の大分に競り勝った。4-5の7回に遠矢の内野安打の間に2者が生還して逆転。6回から投げたエース宮城は4回9奪三振で無失点だった。