日本高野連は12日、大阪市内で定例の審議委員会を開き、既に決めていた市尼崎(兵庫)のコーチの処分案の上申を保留とした。4月の合宿で野球部員に体罰を加えたとされ、5日の審議委員会で日本学生野球協会審査室への上申が決まった。その後、兵庫県高野連から他にも同コーチによる体罰があった可能性があるとの連絡があり、審議を継続することになった。