明桜は今春の東北大会準優勝の実力を発揮し、2年ぶりの甲子園に挑む。第1シードとして最初に壇上に登って校名カードをトーナメント表に掲げた加藤洋平主将(3年)は「バントのミスなども多かったので、チームの意識を変える必要がある。少ないチャンスを生かさないと厳しい戦いになる」。

「2番捕手」で出場した昨年は決勝で金足農に敗退。「初戦が最初のヤマだと思うので大事にしていきたい」と1番打者で臨む今大会に向けて、気を引き締め直した。