センバツ優勝投手の東邦・石川昂弥投手(3年)が今夏チーム2試合目で初登板した。星城との2回戦で「3番投手」で先発した。

センバツで全5試合に勝利した世代屈指の右腕だが、甲子園後しばらくは野手に専念。夏の大会前の練習試合では調整登板を重ねていたが、今夏は背番号5で登録された。1回戦では初打席で本塁打を放っていた。