スタメン9人中1年生が7人の相馬東が2勝の快進撃だ。本宮に3点を先行されながら、4回裏2死走者なしから、一挙5点を奪い逆転。先発小笠原悠芽(1年)から引き継いだ2番手の笠松航汰(1年)が、6回を2安打無失点でリードを守った。

昨秋は部員3人で相馬農との連合チームを結成。今春12人の1年生が入学し、単独出場がかなった。玉腰航大内野手(1年)は「みんなで甲子園を目指したい。先輩たちには思い切ってやらせてもらっている」。唯一の3年生で同点適時二塁打を放った近藤佑哉主将は、「やっぱり単独チームはいい。1年生は頼もしいの一言です」と笑顔。今大会の合言葉は「相馬東史上最長の夏」。初の3勝をかけ、福島東に挑む。