大会本部は14日、台風10号接近で悪天候が予想されるため、15日に予定されていた大会第10日の3回戦4試合を中止し、16日に順延することを発表した。台風による交通網への影響なども想定し、応援団の移動などを考慮して判断した。

その後の予定も、それぞれ1日順延する。準々決勝は18日、19日は休養日となり、準決勝は20日、21日が休養日となって22日が決勝の予定。15日は警報発令の可能性が高いため、甲子園での練習は行わない。

大会本部によれば、全試合が順延されるのは第99回大会の8月15日以来、2年ぶり。前日に中止が決まるのは6年前以来。

16日に関しては、試合開始時間をずらすなどの措置も検討しながら、当日朝の状況をみて判断する。