高校日本代表が壮行試合で大学日本代表と引き分けた。

高校代表は2回に無死二塁で相手捕手からのけん制球に二塁走者石川昂弥(3年=東邦)が三塁へスタート。遊撃手、さらにカバーに入った中堅も送球をはじいて石川は一気に生還して先制した。4回には熊田任洋(3年=東邦)適時打でリードを2点に広げた。

大学代表は4回に牧、佐藤の適時打で追いつくと、ドラフト候補・海野の勝ち越しソロが飛び出た。

5回に高校代表の4番石川昂弥(3年=東邦)の2点適時二塁打で逆転したが、大学代表は6回に牧のソロ本塁打で試合を振り出しに戻した。

高校代表は9回1死三塁で山瀬慎之助(3年=星稜)がスリーバントスクイズを決めて勝ち越しに成功。ただ9回に大学代表は主将篠原の適時打で追いつき、引き分けた。

ドラフト候補・今秋ドラフト1位候補右腕の佐々木朗希投手(3年=大船渡)は先発し、2者連続三振を奪うなど1回無失点だった。