京都府立山城高(京都市北区)の硬式野球部で、監督の男性教諭(59)が2年生の男子部員を平手で複数回たたく体罰をしていたことが18日、府教育委員会への取材で分かった。部員にけがはないという。

府教委によると、監督は8月25日、前日の守備練習で部員が指示通りに動かなかったとして、口頭で指導した上で、ほおを数回たたいた。部員の保護者から「子どもの様子がおかしい」と連絡を受け、たたいたことを認め謝罪した。

監督は学校側に報告しなかったが、今月12日、外部から指摘があり発覚。「感情的になり手を出してしまった」と話し、野球部の指導から外れているという。(共同)