明石商の主将で今秋ドラフト候補の来田涼斗外野手(2年)は、打倒大阪桐蔭を掲げた。「近畿大会負けてしまったので、その借りを返したい。センバツまでに戦える準備をしたい」。

昨秋の近畿大会では、序盤に来田の適時打などで3点を先制したが、リードを守りきれず3-4で惜敗。「日本一という目標を持ってやってきた。受け継いできた粘り強い野球を展開したい」。勝って笑うまで、負けられない。