大阪府高野連は3日、新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、18日から開催予定だった、春季近畿地区高等学校野球大会大阪府予選の中止を発表した。

2日には、府内の学校は5月6日までの休校延期が決定。同大会は、加盟校のグラウンドを使用して試合を行う事情もあり、3月24日に同予選の組み合わせも決定していた。だが、コロナ感染拡大の収束が見えず、中止を決断をせざるを得なかった。今夏の大阪大会から初のシード制導入が決まっていたが、今夏は例年通り、ノーシード制で行われる。