私立藤嶺(とうれい)藤沢高(神奈川県藤沢市)の硬式野球部で練習中、素手の部員にノックを行いけがをさせたとして、県警藤沢署が傷害容疑で男性監督(47)を書類送検したことが6日、署への取材で分かった。書類送検は5日。署によると、監督は「けがをさせるつもりはなく、技術向上のためだった」と供述している。

書類送検容疑は、2020年9月26日午後、1年生の男子部員(16)に素手でノックの打球を3球受けさせ、左手に3週間のけがをさせた疑い。

同校によると、部員は軟式野球経験者で、監督は硬式球の感覚をつかんでもらうため、素手で捕球させたという。監督は10月10日付で戒告処分となった。

同校は1985年、夏の甲子園大会に出場した。(共同)