石見智翠館・山崎琢磨投手(3年)が無安打無得点試合を達成し、甲子園出場に花を添えた。

許した走者は四球による2人。打線から十分な援護も得ての好投に、末光監督は「1つのアウトを取ることに集中し、良い雰囲気で勝ち切った。自分たちの野球ができた」と評価した。(共同)