札幌国際情報は接戦をものにできず、初の決勝進出はならなかった。同点の6回に勝ち越しを許し、準々決勝まで3試合連続2桁安打2桁得点の打線は6回以降無得点に終わった。先発した三浦隼太郎投手(2年)は「勝ち切れなかったので悔しい。この冬で強くなりたい」。有倉雅史監督(54)は「いろんなところがまだまだ。来年に向けて1つ1つ(課題を)つぶしていきたい」と前を向いた。