シーズン中の試合で使用されていたエンゼルス大谷翔平投手(24)のヘルメットと肘当て、レッグガード(すね当て)が、米国野球殿堂博物館に寄贈された。

10日(日本時間11日)、ニューヨーク州クーパーズタウンにある同博物館の広報担当、ジョン・シェスタコフスキー氏が「有り難う、翔平。有り難う」とツイッターに投稿した。

大谷は4月1日にメジャー初勝利を挙げた時に着用していた帽子も、同博物館に寄贈している。