エンゼルス大谷翔平投手(24)が5日(日本時間6日)、全米記者協会(BWAA)の選ぶ新人王の最終候補に残った。

MLB公式サイトによれば、大谷とヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手(23)、グレイバー・トーレス内野手(21)の3人がファイナリストとして選出された。新人王の発表は12日(同13日)。

大谷は今季、ベーブ・ルース以来の二刀流として活躍。6月に右肘内側側副靱帯(じんたい)の損傷で離脱したが、投手として10試合の登板で4勝2敗、防御率3・31、打者としては104試合の出場で打率2割8分5厘、22本塁打、61打点の結果を残した。

ヤンキースのアンドゥハーは打率2割9分7厘、27本塁打、92打点、トーレスは同2割7分1厘、24本塁打、77打点の成績だった。

日本選手は1995年の野茂英雄投手(ドジャース)2000年の佐々木主浩投手、01年のイチロー外野手(以上マリナーズ)が受賞している。

その他の最終候補は以下の通り。

<ア・リーグMVP>

ムーキー・ベッツ外野手(レッドソックス)

ホセ・ラミレス内野手(インディアンス)

マイク・トラウト外野手(エンゼルス)

<ナ・リーグMVP>

ノーラン・アレナド内野手(ロッキーズ)

ハビアー・バエス内野手(カブス)

クリスチャン・イエリチ外野手(ブルワーズ)

<ア・リーグ・サイ・ヤング賞>

コーリー・クルバー(インディアンス)

ブレーク・スネル(レイズ)

ジャスティン・バーランダー(アストロズ)

<ナ・リーグ・サイ・ヤング賞>

ジェーコブ・デグロム(メッツ)

アーロン・ノラ(フィリーズ)

マックス・シャーザー(ナショナルズ)

<ナ・リーグ新人王>

ロナルド・アクーニャ外野手(ブレーブス)

ウォーカー・ビューラー投手(ドジャース)

フアン・ソト外野手(ナショナルズ)

<ア・リーグ最優秀監督>

ケビン・キャッシュ(レイズ)

アレックス・コーラ(レッドソックス)

ボブ・メルビン(アスレチックス)

<ナ・リーグ最優秀監督>

バド・ブラック(ロッキーズ)

クレイグ・カウンセル(ブルワーズ)

ブライアン・スニッカー(ブレーブス)