米大リーグでア・リーグの最優秀新人(新人王)に輝いたエンゼルスの大谷翔平投手(24)が4日、東京都内で共同通信のインタビューに応じ、今季終了直後に右肘の靱帯(じんたい)再建手術を受けたため打者に専念するメジャー2年目の来季開幕に「まずはそこを目指したい」と意欲を見せた。4勝を挙げた投手でプレーするのは早くても20年。打者での復帰の見通しには「開幕目指してやる。何百件もあるリハビリの症例を比較して開幕まで合わせていく。普通にいけば間に合わなくないのかなという感じ」と述べたが、一方で「(時期を)延ばすのもOK」と来季開幕に固執しない意向を示した。

11月21日の日本帰国後もリハビリは継続しており「元の可動域にはほぼ戻っている」と言う。練習の現状は「バットは使っていない。球を見たりとかタイミングを計ったりとか、そういう感じ」とした。

また、今オフに西武からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す花巻東(岩手)の先輩、菊池については「僕が安定して試合に出られれば、対戦するチャンスもあるかな」と思いを口にした。