西武からポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指す菊池雄星(27)について、エンゼルスの球団公式サイトが5日までに「菊池をローテーションに加えようとするのか」との見出しの記事を掲載した。エンゼルスには岩手・花巻東高の後輩に当たる大谷翔平(24)が所属している。高校では入れ替わりだった2人が、メジャーで同僚になる可能性はあるのか。

エンゼルスは昨オフ、投打の「二刀流」でメジャー挑戦を志した大谷の争奪戦を制した。10月に右肘の靱帯(じんたい)再建手術を受けた大谷は、早くても2020年までマウンドに立てず、先発投手陣の強化は急務になっている。公式サイトでは菊池の投球スタイルや西武時代の成績を紹介した上で「菊池なら先発ローテーションを押し上げてくれる」と指摘する。一方で肩の故障歴にも言及し「エンゼルスはここ数年はローテーション投手の故障が多く、丈夫な投手を優先する方針でいる。そこまで積極的に動かないかもしれない」とも伝えた。

菊池は4日に全30球団との交渉が解禁され、米東部時間の来年1月2日午後5時(日本時間1月3日午前7時)までの30日間に移籍交渉を行う。