米大リーグのマリナーズは24日(日本時間25日)、イチロー外野手(45)とマイナー契約を結んだと発表した。26人の招待選手の1人として、春季キャンプに参加する。背番号は51。01年に米国に渡ったイチローは、今季が米球界で19年目となる。3月20、21日に東京ドームで行われるアスレチックスとの開幕2連戦に向けて出場登録された時点でメジャー契約に切り替わり、年俸は75万ドル(約8250万円)となる。

日本での開幕戦は、出場登録枠が通常の25人から28人に拡大される。その後は25人に戻るため、メンバーに残るかどうかが注目される。

ディポトGMは「我々がサインした目的は、マリナーズの組織の歴史だけでなく、野球の歴史上で最も偉大な選手の1人をフィールドに戻し、何が起こるかを見ること」と話した。

イチローは昨季、マリナーズで15試合に出場し、その後は会長付特別補佐に就任していた。