ロッキーズが主砲アレナド内野手と2026年まで8年総額2億6000万ドル(約288億6000万円)の契約で合意に達したと、AP通信が26日に伝えた。1年平均は3250万ドルで、野手の年俸としては史上最高額となる。

アレナドは1月に年俸調停の権利を持つ選手として最高額となる2600万ドルの単年契約で合意していた。新たな契約合意で、フリーエージェント(FA)権を持つ今季終了後もロッキーズに残留する。全球団へのトレード拒否権と、21年シーズン終了後に契約を破棄できる権利も盛り込まれたという。

4月で28歳になるアレナドは走攻守にハイレベルな三塁手で、昨季は156試合で打率2割9分7厘、38本塁打、110打点で、3度目の本塁打王に輝いた。15、16年には打点王も獲得し、昨季まで6年連続でゴールドグラブ賞を受賞。ロッキーズ一筋で通算186本塁打を放ち、オールスター戦に昨年まで4年連続で選出されている。