ナショナルズからフリーエージェント(FA)となっていた注目のブライス・ハーパー外野手(26)が2月28日(日本時間3月1日)、フィリーズと13年3億3000万ドル(約363億円)で合意したと、米スポーツ専門局ESPNなど複数のメディアが報じた。

契約額は14年オフにヤンキースと13年3億2500万ドルを結んだスタントンを抜き、MLB史上最高額となった。FA選手としても、2月19日にパドレスと10年3億ドル(330億円)で合意したマチャドを抜いてトップ。代理人のスコット・ボラス氏が史上最高の大型契約をまとめ、敏腕ぶりを発揮した。

ハーパーは昨季159試合の出場で打率2割4分9厘、34本塁打、100打点。通算では927試合に出場し、打率2割7分9厘、184本塁打、521打点の成績を残している。12年にナ・リーグ新人王、15年はMVP、オールスター戦も6度選出され、昨年のホームラン競争では、ナショナルズの地元ワシントンの開催で優勝を飾った。