ダイヤモンドバックス平野佳寿投手は、これ以上点差を離されたくない7回1死二塁のピンチで登板。2/3回を1四球無安打無失点に抑えた。

今季初の連投で下位打線をきっちり封じ「ゼロで抑えられてよかった」とうなずいた。

前日に手応えを口にした直球は、9球のうち1球のみ。捕手の要求に従ってフォークボールを連投し「次回からしっかり自分の投げたい球を選んでもいいかな」と、好投の中にも改善点を見いだしていた。