日本ハムの監督を務めたマーリンズのヒルマン一塁コーチが、古巣について「いい思い出がいっぱいある。今でも愛している」と愛情を語った。56歳になったが、打撃練習の投手を務めるなど動き回り「いつまでたっても野球から離れられない」と笑う。

日本一に導いた日本ハムへの思い入れは強く「素晴らしい新球場がオープンする日に、ぜひともその場にいたい」と話した。