メッツは18日、右肩の骨棘(こっきょく)の治療のため、右腕ジェウリス・ファミリア投手を10日間の負傷者リスト(IL)に入れた。

同投手は前日のブレーブス戦で7回から2番手としてマウンドに上がったが、1アウトしか取れず3失点を喫し、1/3回を投げて降板。今季はここまで29試合に登板し、防御率7・81としている。

メッツはそのほか、右腕ドリュー・ギャグノン投手を3Aに送った。同投手は同じくブレーブス戦でファミリアに続く3番手として登板したが、1回1/3を投げて4失点5安打、3四球と出来が悪かった。同投手は今季15試合に登板し、防御率は7・65。

メッツは3Aの右腕スティーブン・ノゴセク投手と契約し、同時に左腕ダニエル・ザモラ投手を3Aから昇格させている。