マリナーズ菊池雄星投手(27)が18日(日本時間19日)、本拠地でのロイヤルズ戦に先発し、2本塁打を許すなど5回9安打6失点、2四球5三振で降板した。

初回、先頭から3連打を浴び、わずか10球で2失点。2回は1死満塁から無失点に抑えたが、3回には4番ソレアにソロを被弾。4回は連打で1死二、三塁とされると、1番メリーフィールドに内角スライダーを捉えられ、3ランを浴びた。中地区5位、チームOPSメジャー25位のロイヤルズ相手に6失点。打線の援護もなく、0-6のままマウンドを降りた。

前回登板のツインズ戦で5回1失点と復調の手応えをつかんだ。「良かったときの感覚を再現したいと思いすぎると、どんどん力んでしまう」と注意しながらの登板だったが、思い通りの投球にはならなかった。試合前までの成績は3勝4敗、防御率4・78。