米大リーグのプレーオフは7日、ミネアポリスなどで地区シリーズ(5回戦制)の4試合が行われ、ア・リーグは第3戦で田中が所属するヤンキース(東地区)がツインズ(中地区)に5-1で3連勝し、2年ぶりにリーグ優勝決定シリーズ(12日開幕)に進んだ。

レイズ(ワイルドカード=WC)はアストロズ(西地区)を10-3で破り、初勝利(2敗)を挙げた。

ナは第4戦で、ドジャース(西地区)がナショナルズ(WC)に1-6で負け、2勝2敗のタイになった。前田は1-1の3回2死満塁に2番手で登板し、1回1/3を1安打無失点、2三振で今シリーズ3試合連続無失点とした。

カージナルス(中地区)はブレーブス(東地区)に延長10回、5-4でサヨナラ勝ちし、2勝2敗とした。10回に登板した元プロ野球巨人のマイコラスが勝ち投手になった。(共同)