ヤンキースは敵地で延長戦負けした第2戦の試合後に移動し、本拠地に戻った。14日は全体練習を行わず、田中将大も休養に充てたもようだ。

次戦の相手先発は今季20勝の右腕コール。レギュラーシーズンから地区シリーズまで11試合連続で2桁三振を奪い、5月22日を最後に負けていない難敵だ。ブーン監督は「一体となって攻略できれば」と話し、先発で投げ合うセベリーノは「相手投手は関係ない。自分のベストを尽くすだけ」と意気込んだ。(共同)