ダイヤモンドバックスからFAとなった平野佳寿投手(35)の代理人、ジョン・ボッグス氏が、GM会議の会場で交渉経過を明かした。

現在、ダ軍を含め5球団と折衝中。「彼は勝てるチームを望んでいるし、必要とされるチームを探している」としたうえで、今後約3週間をメドに交渉を進めていく考えを明かした。

また、ダ軍ヘイゼンGMは「我々は彼のことが好きだし、すばらしい仕事をしてくれた。プロフェッショナルだ」と再契約に前向きな姿勢を見せた。最終的には、契約年数、家族の住環境などを含めて判断することになりそうだ。