米大リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)が13日に発表され、ア・リーグはアストロズのバーランダーが8年ぶり2度目の選出となった。ナ・リーグはメッツのデグロムが2年連続で受賞した。

デグロムはドジャースの柳賢振、ナショナルズのシャーザーらを抑え、昨季に続く栄誉を手にした。「1度受賞するのが夢だったのに、2年連続だなんて言葉にならない」と感激していた。

「昨季よりさらに良くなろうとしていた」と言う4月は防御率6・30と苦しんだ。しかし、5月以降は毎月、防御率2点台以下に。「一球一球に最善を尽くすだけ」との姿勢に戻し、復調にこぎ着けた。

チームは3年連続でプレーオフ進出を逃した。「それぞれの選手が目標を達成すれば、貢献することになる」とも語った。(共同)