殿堂入りが決まった元ヤンキースのデレク・ジーター氏(45)と元ロッキーズのラリー・ウォーカー氏(53)が22日、ニューヨークで記者会見した。

史上2位の得票率99・7%で選出されたジーター氏は「ヤンキースのショートを守ることが唯一の願いだった。それがかない、長いこと実現できたことが何よりの誇り」と振り返った。資格最終年で選ばれ、史上初となるロッキーズの帽子での殿堂入りを決めたウォーカー氏は「(殿堂入りを知らせる電話は)人生で一番うれしい電話だった。まだ実感がないよ」と感謝した。