昨季まで阪神でプレーしたラファエル・ドリス投手(32)がブルージェイズと1年100万ドル(約1億1000万円)プラス出来高で契約合意したと25日(日本時間26日)、球団公式サイトが伝えた。同球団には今オフ、前巨人の山口俊投手が加入した。

2年目の21年シーズンは球団に選択権がある150万ドルのオプションが付く。昨季の阪神での推定年俸は1億6500万円だった。

ドリスはドミニカ共和国出身で11年にカブスでメジャーデビュー。13年までメジャーでプレーしたがその後はジャイアンツなどのマイナーでプレー。14年に来日し阪神入り。リリーフで活躍し、19年シーズン後に自由契約となった。