レッズ秋山翔吾外野手は球団施設で初めて自主練習を行った。打撃では初球を空振りして思わず「あっ」と声を上げ、笑いを誘っていた。

外野守備後は1人で残り走塁、ティー打撃もこなした。慣れない環境で「(空振りは)なかなかない体験をした。見られているという意識があり、しっかり振りたい、見せたいっていうのが多少あったと思う。これより悪いスタートはないので、これから前向きにやれるかな」と照れくさそうに話した。(共同)