米大リーグは14日、各地でキャンプが行われ、ドジャースからツインズに移籍した前田健太投手がフロリダ州フォートマイヤーズで初めてブルペンに入った。

巨人からブルージェイズ入りした山口俊投手と、ヤンキースの田中将大投手も投球練習に取り組んだ。

エンゼルスの大谷翔平投手は屋外でフリー打撃に臨み、逆方向を中心に打ち返した。キャッチボールは行わなかった。

マリナーズの菊池雄星投手と新加入の平野佳寿投手は軽めに汗を流した。

西武からレッズに移った秋山翔吾外野手は打撃、守備練習をこなして18日のキャンプインに備えた。(共同)