レッズに新加入の秋山翔吾はキャンプインの18日を前に「プロの世界に入るのが初めてだった西武の時の方が緊張した」と振り返り「楽しみは今の方がある。試合が始まるわけじゃない。特別構えることはない」と余裕を見せた。

外野の守備で軽く体を動かし、その後は1人でダッシュ、ティー打撃もこなすなど自分のペースを保っている。定位置争いについては「自分の我や欲より、使いたいと思わせるためにどれだけできるか」と口にした。(共同)