レイズ筒香嘉智は球団施設で写真撮影。室内練習場や屋外に設けられたブースを順に回りながら約2時間、さまざまなポーズのリクエストに応えた。「(古巣のプロ野球)DeNAの方が多いので、それよりは短かった」と疲れた様子を見せなかった。

18日はいよいよキャンプに入る。「高ぶるのはまだこれから先だと思う。コンディションを一番に気を付けながらやりたい」と落ち着いた表情だった。(共同)