ブルージェイズ山口俊投手は29日(日本時間3月1日)のフィリーズ戦でオープン戦2度目の登板に臨む。

初登板は1回持たずに降板し、ブルペンでメジャーでは異例の100球を超える投げ込みを敢行。首脳陣の理解は得ているとし「100球を全力で投げているわけではない。確認の反復練習という意味で投げている」と説明した。

前回課題となったボール交換直後の感覚をつかむため、ブルペンでも頻繁にボールを換えた。「なじむ前にどんどん換えていくというイメージで投げた。何となくいけそうだなというのはあった」と好感触を口にした。(共同)