マリナーズ菊池雄星は初登板で課題だったスライダーを修正した。「前回の反省を生かせた。一番いいボールだったし、一番の収穫だった」と納得顔だった。

真っすぐはコンスタントに96マイル(約154キロ)が出た。2四球を与えた2回は直球にスライダー、カーブを駆使し、3三振でピンチを切り抜けた。サービス監督は「非常に良かった。前回同様にボールに切れと勢いがあった。変化球は前回より、かなり改善されていた」と目を細めた。(共同)