レッズ秋山翔吾外野手は守備練習で連係プレーに臨み、中堅からの好返球で二塁走者を本塁で刺すなど存在感を示した。

米国流のテンポの早い打撃練習には「さすがにもう慣れたけど、1球ごとにバットの出方がどうとか考えている余裕はないし、それは本番でも同じかなと思う」と語った。

オープン戦は当面、1日置きに休養日を入れるチーム方針で、この日は出場しなかった。疲労については「踏みとどまっている感じ」と表現した。(共同)