ダイヤモンドバックスが22日、フェニックスの本拠地球場チェースフィールドを選手に開放した。地元紙アリゾナ・リパブリック(電子版)が報じた。近くにあるキャンプ施設でも21日から選手が個別練習を開始しているという。

選手同士ができる限り距離を取り、少人数で行われた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月中旬に大リーグのキャンプは中断したが、本拠を置くアリゾナ州では既に知事が無観客でのプロスポーツの開催許可を出している。(共同)