米大リーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月中旬に中断したキャンプを3日、再開した。全30球団が本拠地で実施し、7月23日か24日に開幕する60試合制の今季に備える。

練習に参加したレイズ筒香嘉智外野手は「フィールドで練習ができる喜びを改めて強く感じた。(キャンプ再開までは)開幕に向けてできる最高の準備を頭に置いてやっていた。とにかくいい準備をして、開幕を迎えられたらいい」と話した。(共同)