ヤンキースで4日の練習中に打球を頭部に受け「軽度の脳振とう」と診断された田中将大投手は7日、ニューヨークの本拠地ヤンキースタジアムに前日に続いて姿を現した。軽く体を動かしたとみられる。

ブーン監督はオンライン取材で「特に新しいことはない。ゆっくりやっていて順調だ。体の反応も良いが、同時にすごく注意深く全ての確認事項をクリアさせたい」と話した。田中は6日にトレーニング用の自転車を20分ほどこぎ、心拍数が上昇しても症状や影響は見られなかったという。(共同)