米大リーグで大谷の所属するエンゼルスの左腕サンドバルは13日、6月下旬に新型コロナウイルスに感染していたことを公表し「最初の3日間は体が痛く、寒けや熱もあった」と振り返った。12日にブルペンで投球練習を行うなど、順調に回復しているという。

昨季メジャーデビューし、10試合で0勝4敗、防御率5・03を記録した23歳は今季、先発の一角を争っている。(共同)