MLBは1日、カージナルスで新たに1選手、複数のスタッフに新型コロナウイルス感染の可能性があるため7月31日に続き1、2日も敵地ミルウォーキーでのブルワーズ戦を延期すると発表した。カージナルスでは31日に2選手の感染が判明していた。

集団感染のため2日までの試合延期を決めているマーリンズは31日の検査で新たな感染者が出ず、4日の敵地でのオリオールズ戦から再開する運びとなった。マーリンズと7月26日まで3連戦を行い、試合を見合わせているフィリーズは3日に敵地でのヤンキース戦から再開予定。感染拡大によるシーズン中止の可能性を選手会に伝えているMLBはロブ・マンフレッド・コミッショナーが「全員がすべきことをすればレギュラーシーズン、ポストシーズンをやり切ることができる」とAP通信に自信を示した。全チームが60試合を消化できなければ、勝率でプレーオフ進出チームを決めると示唆した。

一方でブルワーズのロレンゾ・ケーン外野手、マーリンズのイーサン・ディアス内野手、レッドソックスのエデュアルド・ロドリゲス投手はコロナを懸念し、今季欠場を決めた。(共同)