レンジャーズの有原航平はチームの写真撮影に参加後、ゴロ捕球などで体を動かした。今キャンプでは2度の投球練習を行っており、24日にも打者相手に投げる。

「今は彼のことを知ろうと思っている」と言うウッドワード監督は、日本語を教わるなどして関係を深めようとしている。直球の回転数をすぐに調整するなどした対応力に感心したそうで「貪欲に学ぼうとしている」と語った。(共同)