米大リーグで28日(日本時間3月1日)開幕のオープン戦における全30球団の1試合平均の観客動員は2002人、収容率20・84%に制限されると26日、AP通信が報じた。新型コロナウイルスの影響を受けた措置。

大リーグ機構による集計で、大谷が所属するエンゼルスは2004人(収容率20・60%)が上限という。ダルビッシュのパドレスと菊池のマリナーズは球場が共用で、1960人(同19%)までとなった。

オープン戦は3月30日まで開催される。(共同)