レンジャーズ有原航平投手はオープン戦初登板から一夜明け、ゴロ捕球やけん制など守備中心に練習した。投手陣のキャッチボールには参加せず、コーチと話し込む姿が見られた。

味方相手に投げた2月24日と今回の登板間は投球練習をしなかった。調整法は「これからいろいろと考えていきたい」と話しているように、最適なルーティンを模索する。(サプライズ共同)