レッズの秋山翔吾は同僚が相手の打撃練習に臨み、左腕フィネガンに2打席連続で空振り三振に仕留められた。「昨日(オープン戦初出場)より今日の方が全然、球が見えてなかった」としきりに反省した。

甘い球にうまく反応できなかったそうで「実戦に慣れれば、いろんな球に対して安打になるイメージとか、タイミングとかが合ってくるけど、そうも言ってられない」と焦りを隠さない。

妻が倒木事故に遭ったため、1週間ほどキャンプを離れていたが、言い訳はせず「今日は全くだったけど、やるしかない」と気を引き締めていた。(共同)